上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*激ネタバレを含みます。ご注意を!!

映画のあらすじは 公式サイトhttp://www.odoru-legend.com/を参照してください。
引用させていただくと
2004年12月24日、雪乃とクリスマス・イブのデートの約束をしていた警視庁交渉課準備室課長の真下は、その日の午後、突然、室井管理官から呼び出しを受ける。
警視庁史上、最悪の緊急事態が発生。東京の地下鉄の最新鋭実験車両(通称:クモ)1両が何者かに乗っ取られたのだ。網のように張り巡らされた大都市・東京の地下鉄の盲点を突く犯行。乗降客200万人の命が、爆走するたった1両の車両によって危険にさらされる。
犯人の狙いは、身代金?それとも・・・?理由なき犯罪に錯綜する捜査―。

この ストーリー導入に偽りがないことは 私が証言します。

この映画がエンターテインメントとして成立するためには乗り越えなければならない壁が2つありました。「壁」と言いましたがある2つのことを映画を鑑賞してくださる方に理解・共感していただく必要があったのです。

○鉄道の裏側
その1つ目が「鉄道の裏側」です。

その説明をさせていただく前に
先日の福知山線脱線衝突事故で亡くなられた方、お体を傷つかれた方、そして心に傷を負われた方に哀悼の意を表します。

しかし、この事故は同時に鉄道運行制御システムがどういうものであるか、国民に広く知らしめるものになりました。
鉄道に疎い私も地下鉄にも新幹線と同じような運転司令室が存在するのをこの事故の報道を通じて間接的に知りました。そこで使用されているシステムが映画で登場した「AOC」であるのか「ATC」であるのかは別にして
映画で登場するTTR総合司令室の存在はフィクションであり、セットにしか過ぎないのですが、その存在感やポジショニングは多くの映画観客に受け入れられたのではないでしょうか。そして交渉人真下がなぜ地下深くの司令室に篭って交渉を行ったのか、抵抗なく納得できたのではないでしょうか。

仮に司令室の存在がこの映画になかった場合、真下は警視庁内で交渉に当たることになった可能性が非常に高いです。なぜなら犯人「弾丸ライナー」は警視庁のサイトをハックすることで犯行予告を行ったのですから。
でも、その場合 この映画は交渉人の実用性を疑問視する警視庁トップ達から圧力を受けながら交渉進める真下とそれをサポートする室井管理官という図式に変わってしまったのではないでしょうか。


○「交渉人」
映画の作り手が乗り越えなければならなかったもう一つの壁 それは「邦画初の交渉人映画」であったと思います。
交渉人(ネゴシエイター)ってどんな仕事をするのか、海外の交渉人映画を見たことない方は「交渉人って そりゃ犯人と交渉して 例えば 人質の解放を要求したり 身代金の金額を下げたり
とかする人でしょ。今度の映画は暴走列車を止める交渉をするんでしょ?」と来ると思います。
でも、それだけで終わってしまっては映画として成立しにくいと思いません?交渉人は地味に埋もれてしまいかねませんよね。
私がこの映画を鑑賞する前に交渉人というキャラクターに触れたのは漫画・アニメです。マスターキートン勇午(リンクはいずれもアニメ版のサイトですが、原作コミックの方を読まれることをいずれもお勧めします)などですね。

で、各作品に登場する交渉それら全てと この映画の交渉に共通する交渉のルール
「交渉人が犯人との交渉を行う前に まず○○をしなければ始まらない」
この○○ 勘のよいこのblogの読者のあなたならもうわかっているのではないでしょうか。そうです、交渉依頼者(この映画の場合はTTR総合指令長片岡や広報主任矢野と協力関係を構築(場合によっては交渉人が彼らのコントロールを握る)必要があるのです。
普通の交渉人映画などの場合ここの部分を説明っぽくする場合が多いです。理解しやすいようにと
この映画では広報主任矢野と真下のやりとりはやや説明的なシナリオになっています。(でも、実際のやりとりは面白いから映画をおたのしみに☆)

しかし総合指令長片岡と真下の関係はどうでしょうか。
話は変わりますが、映画を見ていて TTR総合司令室に篭っている ひょうひょうとした相変わらずの真下が 見ているうちに ふと「かっこいいんじゃない?」と思う瞬間が ありませんか?それは片岡も同じように感じていた(シナリオ上)のではないでしょうか。
私はこの映画は片岡が真下を交渉人として信頼し認める過程を映画の観客が共有・共感するのが売りではないかと思えるのです。
この見せ方ってちょっと良くない?

さて、もう少しこの辺りを切り口にして 今度は斬ってみたいと思います。

真下と犯人の交渉に関し 私は真下の今回の交渉をギリギリ不合格と判定します。

神出鬼没の暴走列車を止めるための列車の所在を会話の駆け引きの流れの中から犯人から引き出すことには成功しています。そのことで真下の今回のミッションはクリアであったと言えるかもしれません。
しかし、交渉人に本来の仕事が果たせたのかと言うと それは違うと思います。結果として車両基地の爆破は起きてしまいました。(映画では爆破の演出のくだりは予算削減と観客へのショック軽減のため 極力軽く扱われています)
原因は犯人接触初期の段階で犯人と有利なルールの取り決めをできなかったことにあります。
犯人が自己顕示欲が強いことはCICルーム係長小池の分析で最初の犯人との接触で判明していました。それならば「列車の暴走のマスコミへの公表」を材料に交渉できたはずです。真下が「君がやっている行為はどのマスコミも相手にしていないんだよ」と切り込めたのでは?と思えます。
結果、真下と犯人のルールは 犯人が出すヒントを解いたら次のヒントがもらえるというものになってしまいました。これでは、警察側の対応が後手後手になるしかありません。

交渉人は犯人との信頼関係を築くことが一番重要です。
一見奇妙なことですよね。憎むべき犯人と仲をとらねばならいとは。しかしこれがなければ交渉が始まらない 犯人とのルールの取り決めにも影響します。
ここの部分 非常に映画の演出ではわかりにくくなっています。実際は犯人からの着信→フックを上げる→犯人から発生→真下が返答 この各動作に交渉人の基本行動ルールである 決められた時間を置いて行っているんですが、特に犯人から発生→真下が返答の演出が一般の電話ではありえないほど長いのが交渉人の対犯人との電話接触法の特徴で これで犯人から交渉人との接触意欲を引き出し、かつ信頼関係を築く絶妙のタイミングなんです。
でも、犯人との信頼関係を築くのはこれは基本 交渉人のプロなら 犯人からの電話は真下が必ず出ることを約束する 場合によっては、交渉中の犯人の身柄を保障する(逆を裏返すと 犯人を包囲する準備があることを匂わす効果もあり)ことも必要になるでしょう。

交渉人 真下はまだまだ半人前です。でも逆にこれからの活躍の場も期待できるかもしれません。次こそはグレードアップした彼が帰ってくる可能性があるのですから。


脚本・演出以外の話に移ると、今回はROBOT特有のカメラワークがほとんどなくて残念でした。特にTTR総合司令室はセットなのでもっと大胆なカメラワークを多用して欲しかったです。止め絵 それも引きが多かった・・・



最後に超激しいネタバレをいきます。
犯人に迫ってみようかと思います。

犯人がいない!映画を見終わった方の感想ではないでしょうか。
私は犯人はずばり 容疑者室井慎次で登場するとにらんでいます。交渉人真下正義で 犯行に失敗した真犯人が逆襲に来ると。
犯人は自爆したのではなく、証拠隠滅のためリモコン捜査したカエル急便ワゴンを爆破しただけだとにらんでいます。
ちなみに、8年前に死亡した人間がなぜ?ということですが、声紋合成技術使用か双子説と言ったところですが、私的には双子説で行きたいと思います。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
真下と犯人の交渉に関し 私は真下の今回の交渉をギリギリ不合格と判定します。

神出鬼没の暴走列車を止めるための列車の所在を会話の駆け引きの流れの中から犯人から引き出すことには成功しています。そのことで真下の今回のミッションはクリアであったと言えるかもしれません。
しかし、交渉人に本来の仕事が果たせたのかと言うと それは違うと思います。結果として車両基地の爆破は起きてしまいました。(映画では爆破の演出のくだりは予算削減と観客へのショック軽減のため 極力軽く扱われています)
原因は犯人接触初期の段階で犯人と有利なルールの取り決めをできなかったことにあります。
犯人が自己顕示欲が強いことはCICルーム係長小池の分析で最初の犯人との接触で判明していました。それならば「列車の暴走のマスコミへの公表」を材料に交渉できたはずです。真下が「君がやっている行為はどのマスコミも相手にしていないんだよ」と切り込めたのでは?と思えます。
結果、真下と犯人のルールは 犯人が出すヒントを解いたら次のヒントがもらえるというものになってしまいました。これでは、警察側の対応が後手後手になるしかありません。

交渉人は犯人との信頼関係を築くことが一番重要です。
一見奇妙なことですよね。憎むべき犯人と仲をとらねばならいとは。しかしこれがなければ交渉が始まらない 犯人とのルールの取り決めにも影響します。
ここの部分 非常に映画の演出ではわかりにくくなっています。実際は犯人からの着信→フックを上げる→犯人から発生→真下が返答 この各動作に交渉人の基本行動ルールである 決められた時間を置いて行っているんですが、特に犯人から発生→真下が返答の演出が一般の電話ではありえないほど長いのが交渉人の対犯人との電話接触法の特徴で これで犯人から交渉人との接触意欲を引き出し、かつ信頼関係を築く絶妙のタイミングなんです。
でも、犯人との信頼関係を築くのはこれは基本 交渉人のプロなら 犯人からの電話は真下が必ず出ることを約束する 場合によっては、交渉中の犯人の身柄を保障する(逆を裏返すと 犯人を包囲する準備があることを匂わす効果もあり)ことも必要になるでしょう。

交渉人 真下はまだまだ半人前です。でも逆にこれからの活躍の場も期待できるかもしれません。次こそはグレードアップした彼が帰ってくる可能性があるのですから。


脚本・演出以外の話に移ると、今回はROBOT特有のカメラワークがほとんどなくて残念でした。特にTTR総合司令室はセットなのでもっと大胆なカメラワークを多用して欲しかったです。止め絵 それも引きが多かった・・・



最後に超激しいネタバレをいきます。
犯人に迫ってみようかと思います。

犯人がいない!映画を見終わった方の感想ではないでしょうか。
私は犯人はずばり 容疑者室井慎次で登場するとにらんでいます。交渉人真下正義で 犯行に失敗した真犯人が逆襲に来ると。
犯人は自爆したのではなく、証拠隠滅のためリモコン捜査したカエル急便ワゴンを爆破しただけだとにらんでいます。
ちなみに、8年前に死亡した人間がなぜ?ということですが、声紋合成技術使用か双子説と言ったところですが、私的には双子説で行きたいと思います。
スポンサーサイト

【2005/05/10 02:23】 | シネマ
トラックバック(50) |


Ixion
はじめまして。
超激ネタバレ! の最後の仮説についてです。
私は、声紋合成技術使用説を押します!たぶん次回作で犯人は捕まるのでしょうが、今回の犯人の写真がショボすぎです。でも、この作品の特徴として真犯人はショボイ傾向にありますので、双子説も大いに可能性はありますね!さ~て、どちらでしょうか?公開が楽しみになってきました!



押小路なるみ
こめんとありがとうございます^^
さっそくTB送らせていただきました。

声紋合成説と双子説の比較について論を展開するとキリがなくなるのですが、声紋合成説を選択した場合 8年前に死んだ彼と真犯人は 直接の関係の無い1対1の「横の組織」(踊る2で出たあれ)である可能性が非常に高いんじゃないかと。
スリープボムを仕掛けその後事故死した彼を真犯人は偶然知って(ネットで情報検索した結果の可能性が高い)スリープボムを利用した犯罪の舞台を設定した可能性というのが考えられます。
いかにもこの映画のプロデューサーたちが食いつきそうな設定ですが、それだけに「踊る2」とのネタのダブりが問題になるのです。

で、スピンオフ映画となれば やっぱり「踊る」からある程度は離れなければならないので、私は双子説をとったわけです。消去法ですね。


話は変わりますが、犯人がコンサートの席番を知っていたことについて、警察内部説を展開している方を見かけました。私は真犯人が警察内部にいるのか外部にいるのかは 現時点では判断を保留します。(もちろん真犯人は警察機構に執拗な粘着気質であるのは明らかで、彼の人生のどこかでは警察と深くかかわりがあったことは間違いないのですが)
もし、真犯人が警察内部であった場合、真下がTTR総合司令室に向かう前に警視庁交渉準備室でごたごたしているシーンのガヤ(後ろに一瞬移る背景扱いの人物達)の中に真犯人がちゃんといるくらいの大胆な隠し演出はこの映画のスタッフならやるでしょう。 


kossy
犯人はずばり、純一郎氏の息子さんでしょう。
電話の声は共犯者かな・・・


押小路なるみ
犯人は小泉君説もおもしろそうですね。
となると 犯人は複数犯説ということですになりますね~
さらに、プロファイルを担当した小泉君が警察無線に乗せた情報の中には捜査をかく乱するものが含まれていた可能性が高いですね。例えば、「犯人は単独犯」の部分とかは最たるものになってきます。
また、小泉君が犯人の一味となると 真下のコンサートの席番の点から浮上した「犯人は警察内部」説に簡単に合致します。

う~む と唸らせるほどにみごとに犯人に向かい収斂していきますね^^

ただ、私は「それではつまらない」という私の中の野生の勘(笑)を元に 犯人=小泉君説を退けたいと思います。
まず、つたない私の頭でも バラバラである点が簡単に犯人を特定する線へと結びついてしまうこと。これでは、次回作「容疑者~」を観るまでもないということになりかねません。真犯人特定への全ての情報はこの映画では提示されていないと考えるほうが興行的にはよろしいのではないでしょうか。
次に小泉君の動機です。小泉君は警察組織内で勤務しており、かつ真下からはかなりの信頼を得ております。これは犯人のプロファイル像(小泉君が流したものではありますが)とは かなりのズレがあります。

って、私は自信満々に書いていますが、「容疑者~」で良い意味でことごとく裏切ってくれることを楽しみにしています♪

リス
-
リスを探すなら http://www.nbmcomputers.com/101213/215426/

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
はじめまして。
超激ネタバレ! の最後の仮説についてです。
私は、声紋合成技術使用説を押します!たぶん次回作で犯人は捕まるのでしょうが、今回の犯人の写真がショボすぎです。でも、この作品の特徴として真犯人はショボイ傾向にありますので、双子説も大いに可能性はありますね!さ~て、どちらでしょうか?公開が楽しみになってきました!
2005/05/10(Tue) 05:03 | URL  | Ixion #3h0Eg4pQ[ 編集]
こめんとありがとうございます^^
さっそくTB送らせていただきました。

声紋合成説と双子説の比較について論を展開するとキリがなくなるのですが、声紋合成説を選択した場合 8年前に死んだ彼と真犯人は 直接の関係の無い1対1の「横の組織」(踊る2で出たあれ)である可能性が非常に高いんじゃないかと。
スリープボムを仕掛けその後事故死した彼を真犯人は偶然知って(ネットで情報検索した結果の可能性が高い)スリープボムを利用した犯罪の舞台を設定した可能性というのが考えられます。
いかにもこの映画のプロデューサーたちが食いつきそうな設定ですが、それだけに「踊る2」とのネタのダブりが問題になるのです。

で、スピンオフ映画となれば やっぱり「踊る」からある程度は離れなければならないので、私は双子説をとったわけです。消去法ですね。


話は変わりますが、犯人がコンサートの席番を知っていたことについて、警察内部説を展開している方を見かけました。私は真犯人が警察内部にいるのか外部にいるのかは 現時点では判断を保留します。(もちろん真犯人は警察機構に執拗な粘着気質であるのは明らかで、彼の人生のどこかでは警察と深くかかわりがあったことは間違いないのですが)
もし、真犯人が警察内部であった場合、真下がTTR総合司令室に向かう前に警視庁交渉準備室でごたごたしているシーンのガヤ(後ろに一瞬移る背景扱いの人物達)の中に真犯人がちゃんといるくらいの大胆な隠し演出はこの映画のスタッフならやるでしょう。 
2005/05/11(Wed) 02:40 | URL  | 押小路なるみ #mQop/nM.[ 編集]
犯人はずばり、純一郎氏の息子さんでしょう。
電話の声は共犯者かな・・・
2005/05/11(Wed) 13:46 | URL  | kossy #YaTS71PM[ 編集]
犯人は小泉君説もおもしろそうですね。
となると 犯人は複数犯説ということですになりますね~
さらに、プロファイルを担当した小泉君が警察無線に乗せた情報の中には捜査をかく乱するものが含まれていた可能性が高いですね。例えば、「犯人は単独犯」の部分とかは最たるものになってきます。
また、小泉君が犯人の一味となると 真下のコンサートの席番の点から浮上した「犯人は警察内部」説に簡単に合致します。

う~む と唸らせるほどにみごとに犯人に向かい収斂していきますね^^

ただ、私は「それではつまらない」という私の中の野生の勘(笑)を元に 犯人=小泉君説を退けたいと思います。
まず、つたない私の頭でも バラバラである点が簡単に犯人を特定する線へと結びついてしまうこと。これでは、次回作「容疑者~」を観るまでもないということになりかねません。真犯人特定への全ての情報はこの映画では提示されていないと考えるほうが興行的にはよろしいのではないでしょうか。
次に小泉君の動機です。小泉君は警察組織内で勤務しており、かつ真下からはかなりの信頼を得ております。これは犯人のプロファイル像(小泉君が流したものではありますが)とは かなりのズレがあります。

って、私は自信満々に書いていますが、「容疑者~」で良い意味でことごとく裏切ってくれることを楽しみにしています♪
2005/05/11(Wed) 18:49 | URL  | 押小路なるみ #mQop/nM.[ 編集]
リス
2008/10/04(Sat) 14:30 | URL  |  #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
初日レイトで見ました!出た出た!!満点!!!今年劇場で見た30本(←少なっ!)の中で満点は2本目。去年135本中5~6本しか☆5つはないからこの評価はかなり高い!私銀幕デビュー映画なので若干ひいきめの☆かもしれないけど、かなりおもろい!意外にもよく出来た作
2005/05/10(Tue) 03:51:34 |  映画VS氣志團
交渉人 真下正義 ・・・・・ 公式ホームページ (監督:本広克行)☆☆NO PLINT・カテゴリー:サスペンス>クライム>シリーズ・上映時間:127 分・制作:日本(2005・5・7)・ストーリー:ロサンゼルス市警でFBI訓練プログラムを受け
2005/05/10(Tue) 05:04:58 |  Cinema Review
 ロサンゼルス市警でFBI訓練プログラムを受け、警視庁初の交渉人となった真下正義警視。2003年11月24日、レインボーブリッジを封鎖して解決した“台場連続殺人事件”。真下警視は報道陣を前に事件の経緯を説明していた――。あれから1年。2004年12月24日、雪乃とのデー
2005/05/10(Tue) 07:34:28 |  極私的映画論+α
かなり見応えのある緊張感たっぷりハラハラドキドキの2時間でした!
2005/05/10(Tue) 12:42:48 |  Akira's VOICE
 事件は、「台場連続殺人事件」の1時間後から始まった!?■監督 本広克行■原案 君塚良一■脚本 十川誠志■キャスト ユースケ・サンタマリア、寺島進、小泉孝太郎、高杉亘、松重豊、甲本雅裕、遠山俊也、柳葉敏郎、水野美紀、國村隼、石井正則、西村雅彦、金田龍之介
2005/05/10(Tue) 12:51:09 |  京の昼寝~♪
『踊る大捜査線』のスピンオフムービー『交渉人 真下正義』の舞台挨拶(スカパーでも生中継あり)を4列目センターで見てきた 上映開始は朝8時 眠気と必死に闘った(爆) ストーリーは、クリスマスイブの夜、地下鉄が弾丸ライナーと名乗る何者かによって乗っ
2005/05/10(Tue) 18:54:16 |  |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο
公開初日に観て更新が今日にずれ込んでしまった、「踊る~」の番外編「交渉人 真下正義」です。ホームドラマ仕立てでスタジオの中で撮影している感がありました。そして、主演のユースケ・サンタマリアと水野美紀のスケジュールが合わなくて共演しているシーンが少なかっ
2005/05/10(Tue) 19:18:19 |  In my opinion・・・
これからご覧になる方へ・・・・この記事を絶対に見ないでください。きっと行く気がなくなるから。この作品について、賛否両論が噴出すると思う。エンターテインメントとして、楽しめる部分もあると思うが、私には、どちらかといえば、“否”の方かなぁ??と思う。この作品
2005/05/10(Tue) 22:56:37 |  うぞきあ の場
この映画の主役は無人で走り回る電車「クモE4-600」でしょか。地下鉄路線内に唐
2005/05/11(Wed) 07:07:46 |  RAKUGAKI
 これぞまさしくスピンオフ!真下正義は国内スピンオフ映画の代表選手になるかの勢いだが、かつての代表選手、『警部補・古畑任三郎』のスピンオフ『巡査・今泉慎太郎』が静かに自己主張していた。 劇場版の『踊る大捜査線』に比べると、かなり映画らしい作りになっていた
2005/05/11(Wed) 13:45:05 |  ネタバレ映画館
「交渉人 真下正義」見てきました。雪乃(水野美紀)とデートの約束をしていた12月24日、室井管理官(柳葉敏郎)から呼び出しを受ける。地下鉄の最新実験車両がジャックされ、犯人は交渉人として警視庁交渉課準備室課長の真下(ユースケ・サンタマリア)を指名してきたの...
2005/05/11(Wed) 16:42:48 |  風の色
交渉人真下正義を、やっと見てきました。はじまる前に、パイオニアのCMが流れてました。大画面で見ると笑える映像でした。次は翔さんも小木さんも出る容疑者~ですね。以下ネタバレ含む。見る人は反転プリーズ。感想はねぇ・・・よかったですよ。音もよかったです。スピー
2005/05/11(Wed) 20:37:34 |  §相棒馬鹿
作品:交渉人 真下正義監督:本広克行主演:ユースケ・サンタマリア、寺島進、小泉孝太郎、柳葉敏郎、水野美紀、石井正則、國村隼、八千草薫、西村雅彦、金田龍之介公開:2005年 日本映画館交渉人 真下正義TOKYO SUBWAY PANIC!MONSTER TRAIN K
2005/05/11(Wed) 22:08:13 |  のんびりぐ~
 府中のくるるで「交渉人 真下正義」を見てきました。 公開初日だったのですが、午前中にレイトショーの指定席券をネット予約したのでスムーズに座れて見れました。 感想ですが…非常に面白かったです。鉄ネタだったのでそれもあるのですが。毎回思うのですが「踊る」シリ
2005/05/12(Thu) 20:59:46 |  ひよこブログ
最近映画は試写会で観る事が多かったんですが、2月の「銀のエンゼル」以来、久々に金払って映画を観ました。今回万博を観に行くにあたって、岐阜の友人の家に泊めて貰う事になり、21~23まで中部地方にいました。土日引きこもっているのもなんなんで、映画でも観に行こ
2005/05/26(Thu) 19:36:38 |  欧風
大人気「踊る大走査線」シリーズが一年ぶりに復活!しかも主役はいまいち冴えない脇役(?)だけど警視庁初の交渉人という、スゴイ肩書きを持つ真下正義警視!まさか真下さんが主役の映画が出来るなんて!!実は「踊る~」で一番好きなキャラは真下さんな...
2005/06/02(Thu) 15:17:10 |  きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/
東京テアトルの優待を使って「交渉人 真下正義」を観て来ました。7月末までのポイントの残数が9ポイント9作品観ることが出来るのですが生活圏内に劇場が無くなかなか消化出来ません。2ポイントは子供と夏のポケモンの映画を観るのに取っておいても残り7観れるかなぁ今日早起
2005/06/04(Sat) 19:26:48 |  ★★かずくんままのマネー&映画日記 名古屋ポケパーク行ってきました★★
交渉人 真下正義えと、「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ! 」の直後?の映像から始まるんだケド、時間的には「逃亡者 木島丈一郎 」のエンドからです。「踊る」シリーズは、おもしろいし、好きではあるんだケド、そんなに熱狂的ファン、とい...
2005/12/25(Sun) 02:27:24 |  猫姫じゃ
面白かった!『ミュンヘン』や『美しき野獣』が、「具体的ストーリーの陰で、抽象的理念にもとづくストーリーが影法師のように別個に展開する、深みのある映画」だとすれば、『交渉人 真下正義』は、「具体的ストーリーだけで成り立っている純粋な娯楽作品」観終わっ....
2006/02/19(Sun) 00:26:55 |  ストーリーの潤い(うるおい)
Tramadol en ligne d achat d école de pharmacie. Tramadol without. Tramadol. Tramadol hci.
2007/03/02(Fri) 00:21:25 |  Tramadol hydrochloride.
Magnésium du zocor 40. Indométhacine d interaction de zocor. Zocor generic. Generic zocor. Zocor.
2007/04/05(Thu) 04:58:16 |  Ginko zocor.
スポーツウォッチで有名なSUUNTO(スント) の、腕時計タイプの・・・
2007/05/06(Sun) 00:06:53 |  ゴルフ場は千葉県にしよう!☆千葉県のゴルフ場ガイド
石井竜也さんの歌・画像・動画サイトです。もちろん非公式サイト。笑石井竜也さんのマルチな活躍ぶりはめっちゃすごいんです!並外れたエンターテイナーとしてオーディエンスを大興奮させる一方で、刺激的なアート・ワークを生み出し、さらにはイベントの総合プロデュースな
2007/08/30(Thu) 20:15:26 |  石井正則・画像・動画サイト
管理人の承認後に表示されます
2008/03/20(Thu) 15:45:35 | 
管理人の承認後に表示されます
2008/03/21(Fri) 16:49:19 | 
管理人の承認後に表示されます
2008/03/22(Sat) 03:41:31 | 
管理人の承認後に表示されます
2008/03/22(Sat) 11:39:05 | 
管理人の承認後に表示されます
2008/03/29(Sat) 04:44:45 | 
管理人の承認後に表示されます
2008/03/30(Sun) 19:46:04 | 
管理人の承認後に表示されます
2008/03/31(Mon) 21:15:17 | 
管理人の承認後に表示されます
2008/04/01(Tue) 17:17:15 | 
管理人の承認後に表示されます
2008/04/02(Wed) 01:49:01 | 
管理人の承認後に表示されます
2008/04/02(Wed) 23:22:28 | 
管理人の承認後に表示されます
2008/04/04(Fri) 05:28:06 | 
管理人の承認後に表示されます
2008/04/04(Fri) 08:50:07 | 
管理人の承認後に表示されます
2008/04/04(Fri) 14:41:25 | 
管理人の承認後に表示されます
2008/04/04(Fri) 16:55:17 | 
管理人の承認後に表示されます
2008/04/04(Fri) 22:01:40 | 
管理人の承認後に表示されます
2008/04/04(Fri) 23:47:01 | 
管理人の承認後に表示されます
2008/04/05(Sat) 01:33:53 | 
管理人の承認後に表示されます
2008/04/05(Sat) 01:47:26 | 
管理人の承認後に表示されます
2008/04/05(Sat) 08:41:21 | 
管理人の承認後に表示されます
2008/04/05(Sat) 16:52:00 | 
管理人の承認後に表示されます
2008/04/05(Sat) 20:47:07 | 
管理人の承認後に表示されます
2008/04/05(Sat) 23:07:55 | 
管理人の承認後に表示されます
2008/04/06(Sun) 00:50:19 | 
管理人の承認後に表示されます
2008/04/06(Sun) 04:58:11 | 
管理人の承認後に表示されます
2008/04/06(Sun) 10:48:07 | 
管理人の承認後に表示されます
2008/04/06(Sun) 15:51:38 | 
管理人の承認後に表示されます
2008/04/06(Sun) 17:01:41 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。