上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ASIANA航空機内誌裏表紙掲載広告

8月8日から10日の韓国旅行最大の目玉は2日目のNANTA(ナンタァ)でした。

公演の内容について事前知識を入れずに観たのですが問題ありませんでした。
上演開始直後に舞台のスクリーンに3ヶ国語(ハングル・英語・日本語)で表示されたわずか5行のあらすじで全てが理解できました。

「リズムがあふれるこの厨房」
「今日は結婚式の料理を作らなくてはいけません」
「ところが 支配人の甥がやってきます」
「料理をしたことない甥にいったいどんな料理ができるのでしょうか?カップラーメンくらいはできるかもしれませんね」
「いったいどうなってしまうのでしょうか」

って、書くと皆さん「そりゃ言いすぎでしょ」って思われると思いますが、セリフに韓国語はほとんど出ないということはありますが、それよりも脚本・演出がものすごくわかりやすくなるよう工夫がこらされているんです。英語で数が数えられる小学生ならもう十分楽しめます♪

公演中はもうずっと腹の底から笑いっぱなしです。脳内によいホルモンがもうどっぱどっぱ出る感じですよ。
トムとジェリーのようなお約束のネタが満載です♪
最強だったのは
「ウィーンチ。ウィーンチ」でしょう:-)にやり

笑いは国境を越えるだな~
日本から食事込みで8000円のオプショナルツアーとして申し込みました。

食事は公演の前に済ませました。日本のガイドブックにも載っている月尾島で、海鮮鍋を食べました。ここのお店のジャンルは日式です。意味は日本食ということでお刺身やエビフライもできます。
海鮮素材が豊富なので一番のお勧めはチヂミだそうです(あれ?)でもチヂミはどのレストランでも決まった大きさのフライパンで作るので3人前もあるんです。勧められましたが鍋を食べてさらに…というの無理なので断りました。
店全体は清潔で相方は翌日の朝食もこの店に来たがっていました。

海鮮鍋なのですが鍋の形が変わっていました。浅い直径30cmほどのステンレスの皿の中央5cmくらいがお猪口のようにくぼんでいるんです。くぼんだところに鍋の味付けである白味噌やうどんなどを仕込み、皿いっぱいにカニ好きの材料+エビ・タコが盛ってあります。
席に着いたら エビ・タコをハサミでじょきじょき切ってもらい薄ーく水を足したらレッツクッキング!

それまで、韓国ではさんざん赤い料理ばっかり食べていたので(辛くて食べられなかったものは1つもありませんでしたが)正直飽きてきていたので、全然赤いものが見えないこの鍋は正直ホッとしました。
グツグツグツ・・・
あれ?あれ?白味噌が溶けていくとだんだん・・・
貴様も赤かったか!(べつに3倍速ではありませんが^^;;)
味はこれまた辛くはありませんでしたが、量は多かった!あやうく残すところでした。(私は子供の給食だったころ「お残しはいけません!」と体で教え込まれているのでw)

さてNANTA劇場です。
現地案内人が予約済みの座席をチケットに変えてきてくれました。
私の席はS席のD-19ほとんどR席(VIP席)と変わらない見栄具合でよかったです♪NANTA劇場座席表


公演には観客の参加要素もいっぱいあります。
劇の後半で「観客の皆さんもリズムを打ってみましょう」という場面もあります。NANTAは打楽器のミュージカルです。韓国伝統の四物ノリのリズムを体いっぱいに浴びていた観客はもう自分からリズムを打ちたくてしょうがないくらいになっていますから 喜んで役者の後について簡単な手拍子から入ります。徐々に難しいリズムになっていって…突然足踏みもリズムに加わりました!
その時 私は足を組みながら観ていたので慌てちゃったんですね。そうしたら役者にジェスチャーで「そこのキミ ダメダメ~ 足組んでボ~と見てるからからぁ」と客いじりされちゃいました。キャ~(><) もう会場大爆笑ですよ~ あ~私 席を立って「ごめんなさい」ってぺこりを頭を下げればさらに大爆笑だったのに~日本人は笑いが足りなくてダメですね^^;; ただバツが悪くてモジモジしてただけでした。。。ちっくしょ~

今度NANTAを見に行くあなた わざとイジられ、そして絶妙なリアクションを返し日本人の汚名を返上してきてください(笑)

鑑賞後 本日のアクターのサインを頂きました。
NANTAのサイン

キャストは5人 役名はそれぞれ
・料理長(HeadChef)
・女性料理人(Female)
・2枚目(SexyGuy)
・甥(Nephew)
・支配人(Manager)
となっています。アクターは日替わりになります。本日のアクターの顔写真には下線をいれてもらっています。HeadChef役の人はレギュラーではなさそうなので顔写真は掲載されていません。
その日のアクターによって微妙に味付けが変わりそうですね♪
1回しか鑑賞していない私の感触だと、本日のアクターは
・HeadChefは「若いな」と思いました。2枚目や女性料理人より年が上の設定のはずですが そんな感じがしませんでした。でもキャラは濃かったです^^
・女性料理人は べっぴんさん(笑) 他のアクターが濃いので埋もれがちだったかも…
・2枚目はワイルドな方でした。パワフルな演技が光ってましたよ^^
・甥は設定では3枚目のはずですが かなりかっこいい方でした。なので前半の三の線と後半の二の線の大きな演技の違いが気持ちいいくらいでした
・支配人は円熟味を感じさせるコメディアン。あのレベルの方は日本でもそうはいないじゃない?と思ったらあんなアクションもこなすなんて!
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
日本から食事込みで8000円のオプショナルツアーとして申し込みました。

食事は公演の前に済ませました。日本のガイドブックにも載っている月尾島で、海鮮鍋を食べました。ここのお店のジャンルは日式です。意味は日本食ということでお刺身やエビフライもできます。
海鮮素材が豊富なので一番のお勧めはチヂミだそうです(あれ?)でもチヂミはどのレストランでも決まった大きさのフライパンで作るので3人前もあるんです。勧められましたが鍋を食べてさらに…というの無理なので断りました。
店全体は清潔で相方は翌日の朝食もこの店に来たがっていました。

海鮮鍋なのですが鍋の形が変わっていました。浅い直径30cmほどのステンレスの皿の中央5cmくらいがお猪口のようにくぼんでいるんです。くぼんだところに鍋の味付けである白味噌やうどんなどを仕込み、皿いっぱいにカニ好きの材料+エビ・タコが盛ってあります。
席に着いたら エビ・タコをハサミでじょきじょき切ってもらい薄ーく水を足したらレッツクッキング!

それまで、韓国ではさんざん赤い料理ばっかり食べていたので(辛くて食べられなかったものは1つもありませんでしたが)正直飽きてきていたので、全然赤いものが見えないこの鍋は正直ホッとしました。
グツグツグツ・・・
あれ?あれ?白味噌が溶けていくとだんだん・・・
貴様も赤かったか!(べつに3倍速ではありませんが^^;;)
味はこれまた辛くはありませんでしたが、量は多かった!あやうく残すところでした。(私は子供の給食だったころ「お残しはいけません!」と体で教え込まれているのでw)

さてNANTA劇場です。
現地案内人が予約済みの座席をチケットに変えてきてくれました。
私の席はS席のD-19ほとんどR席(VIP席)と変わらない見栄具合でよかったです♪NANTA劇場座席表


公演には観客の参加要素もいっぱいあります。
劇の後半で「観客の皆さんもリズムを打ってみましょう」という場面もあります。NANTAは打楽器のミュージカルです。韓国伝統の四物ノリのリズムを体いっぱいに浴びていた観客はもう自分からリズムを打ちたくてしょうがないくらいになっていますから 喜んで役者の後について簡単な手拍子から入ります。徐々に難しいリズムになっていって…突然足踏みもリズムに加わりました!
その時 私は足を組みながら観ていたので慌てちゃったんですね。そうしたら役者にジェスチャーで「そこのキミ ダメダメ~ 足組んでボ~と見てるからからぁ」と客いじりされちゃいました。キャ~(><) もう会場大爆笑ですよ~ あ~私 席を立って「ごめんなさい」ってぺこりを頭を下げればさらに大爆笑だったのに~日本人は笑いが足りなくてダメですね^^;; ただバツが悪くてモジモジしてただけでした。。。ちっくしょ~

今度NANTAを見に行くあなた わざとイジられ、そして絶妙なリアクションを返し日本人の汚名を返上してきてください(笑)

鑑賞後 本日のアクターのサインを頂きました。
NANTAのサイン

キャストは5人 役名はそれぞれ
・料理長(HeadChef)
・女性料理人(Female)
・2枚目(SexyGuy)
・甥(Nephew)
・支配人(Manager)
となっています。アクターは日替わりになります。本日のアクターの顔写真には下線をいれてもらっています。HeadChef役の人はレギュラーではなさそうなので顔写真は掲載されていません。
その日のアクターによって微妙に味付けが変わりそうですね♪
1回しか鑑賞していない私の感触だと、本日のアクターは
・HeadChefは「若いな」と思いました。2枚目や女性料理人より年が上の設定のはずですが そんな感じがしませんでした。でもキャラは濃かったです^^
・女性料理人は べっぴんさん(笑) 他のアクターが濃いので埋もれがちだったかも…
・2枚目はワイルドな方でした。パワフルな演技が光ってましたよ^^
・甥は設定では3枚目のはずですが かなりかっこいい方でした。なので前半の三の線と後半の二の線の大きな演技の違いが気持ちいいくらいでした
・支配人は円熟味を感じさせるコメディアン。あのレベルの方は日本でもそうはいないじゃない?と思ったらあんなアクションもこなすなんて!
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:韓国旅行 - ジャンル:旅行

【2005/08/09 20:00】 | お出かけ
トラックバック(1) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2008/03/12(Wed) 10:34:20 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。