上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日パソコンが壊れたので修理に出したことを書きましたが本日ようやく修理代金の見積もりが出ました。

なんと保障期間を過ぎたパソコンの修理代金は0円
となりました!(マジっすか!?)
修理に出したのはNECのノートパソコンです。

あ、NECサービスセンターに修理を出した場合のフローを書いておかないといけませんね。

NECサービスセンターに私が修理を依頼する

サービスセンターが手配した宅配業者がパソコンと故障内容を私が記入したシートを取りに来る

パソコンをチェックし、どこを修理すれば直るか特定し 見積もりを出す

見積もり金額等を私に電話で連絡する(ここまでで普通修理依頼から5日営業日くらい)

私が依頼した内容で修理をして発送(到着まで5営業日)

合計10営業日くらいでしょうか。で、私が修理品を発送したのが10月の12日なんです。

見積もりに時間がかかったところからして「なんかあったのかなぁ?」と思っていたら、やっぱりありました。

今日電話で連絡を受けた見積もり内容は
ベースボード交換  0円
HDD交換    2万4千円
HDD交換作業料 1万5千円
バッテリー交換 1万3千円
合計      5万2千円

電源が入らないという主問題はベースボードの修理で直ります。
さらに、HDDのディスクに物理的なキズがあり交換を推奨します。バッテリーもへたっているので交換です。とのことでした。

そこで、私が
「バッテリー交換は結構です。ACアダプターだけで使用します」(これはすんなりサービスセンターで承れました)
次に
「HDDには救い出したいデータがあるので、取り外したHDDも修理済みのパソコンと一緒に返送して欲しいです」
とお願いしました。(私はHDDの寿命が近いことは分かっていましたが、故障直前の状態から まだまだHDDは十分動作するとおもっていたからです。これをHDD外付けケースなどに入れデータの読み出そうというわけです)
すると、
「それはできません」
Σ(・ 「なぜですか?」
「不良HDDのディスク部分は破砕しますが、それ以外の部品は再利用するからです。先ほどのHDD交換の見積もり代には不良HDD買取代も込みの価格になっています」
「あ、あの~ そういう買取代が含まれない純粋な交換用HDDの値段はいくらですか?」
「申し訳ありません。そういうものは用意されておりません。不良HDDはご家庭からはゴミとして出すことはできないのがその理由です」
「ちょっと待ってください。部品になったHDDはパソコンリサイクル法の範囲外ですよね?埋め立てゴミとして排出することになりますよね?なにか関係する法律ができたんですか?」
「そうではありませんが、各自治体では概ねそのようだと聞いております」
「そうなんですか?」
「そうなんです」
「本当にそうなんですか?」
「・・・ 少々お待ちください。 ・・・・・お待たせいたしました。当社ではやはり取り外した不良HDDを同梱することはできません。しかし、不良HDDは取り出さず、メインボード交換だけで今回の修理をいったん終了させることができます。」
「あ、不良HDDの現在の故障程度というのはOSの起動等には問題ないんですね。ではそれでお願いします」v^^

「で、ベースボードだけ交換した場合の修理費用はいくらですか?」
「0円です」
「あれ?さっき なんとか作業料というのがありましたよね?」
「あれはHDD交換の時だけ発生します」
「あ、もう一度確認させていただきます。今回の修理に対して私が払わなければいけないお金は?」

「0円です」

キツネにつままれたような話です。
最初に書いたように私のパソコンの保証は切れています。
そしてNECサービスセンターでの修理料金概算表によれば、メインボード(マザーボード)にもえらい高い値段がついています。

なんで0円になっちゃったんだろう?いろいろ考えられるけど とりあえずラッキー☆ということで
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
修理に出したのはNECのノートパソコンです。

あ、NECサービスセンターに修理を出した場合のフローを書いておかないといけませんね。

NECサービスセンターに私が修理を依頼する

サービスセンターが手配した宅配業者がパソコンと故障内容を私が記入したシートを取りに来る

パソコンをチェックし、どこを修理すれば直るか特定し 見積もりを出す

見積もり金額等を私に電話で連絡する(ここまでで普通修理依頼から5日営業日くらい)

私が依頼した内容で修理をして発送(到着まで5営業日)

合計10営業日くらいでしょうか。で、私が修理品を発送したのが10月の12日なんです。

見積もりに時間がかかったところからして「なんかあったのかなぁ?」と思っていたら、やっぱりありました。

今日電話で連絡を受けた見積もり内容は
ベースボード交換  0円
HDD交換    2万4千円
HDD交換作業料 1万5千円
バッテリー交換 1万3千円
合計      5万2千円

電源が入らないという主問題はベースボードの修理で直ります。
さらに、HDDのディスクに物理的なキズがあり交換を推奨します。バッテリーもへたっているので交換です。とのことでした。

そこで、私が
「バッテリー交換は結構です。ACアダプターだけで使用します」(これはすんなりサービスセンターで承れました)
次に
「HDDには救い出したいデータがあるので、取り外したHDDも修理済みのパソコンと一緒に返送して欲しいです」
とお願いしました。(私はHDDの寿命が近いことは分かっていましたが、故障直前の状態から まだまだHDDは十分動作するとおもっていたからです。これをHDD外付けケースなどに入れデータの読み出そうというわけです)
すると、
「それはできません」
Σ(・ 「なぜですか?」
「不良HDDのディスク部分は破砕しますが、それ以外の部品は再利用するからです。先ほどのHDD交換の見積もり代には不良HDD買取代も込みの価格になっています」
「あ、あの~ そういう買取代が含まれない純粋な交換用HDDの値段はいくらですか?」
「申し訳ありません。そういうものは用意されておりません。不良HDDはご家庭からはゴミとして出すことはできないのがその理由です」
「ちょっと待ってください。部品になったHDDはパソコンリサイクル法の範囲外ですよね?埋め立てゴミとして排出することになりますよね?なにか関係する法律ができたんですか?」
「そうではありませんが、各自治体では概ねそのようだと聞いております」
「そうなんですか?」
「そうなんです」
「本当にそうなんですか?」
「・・・ 少々お待ちください。 ・・・・・お待たせいたしました。当社ではやはり取り外した不良HDDを同梱することはできません。しかし、不良HDDは取り出さず、メインボード交換だけで今回の修理をいったん終了させることができます。」
「あ、不良HDDの現在の故障程度というのはOSの起動等には問題ないんですね。ではそれでお願いします」v^^

「で、ベースボードだけ交換した場合の修理費用はいくらですか?」
「0円です」
「あれ?さっき なんとか作業料というのがありましたよね?」
「あれはHDD交換の時だけ発生します」
「あ、もう一度確認させていただきます。今回の修理に対して私が払わなければいけないお金は?」

「0円です」

キツネにつままれたような話です。
最初に書いたように私のパソコンの保証は切れています。
そしてNECサービスセンターでの修理料金概算表によれば、メインボード(マザーボード)にもえらい高い値段がついています。

なんで0円になっちゃったんだろう?いろいろ考えられるけど とりあえずラッキー☆ということで
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ノートパソコン - ジャンル:コンピュータ

【2005/10/22 13:37】 | 花鳥風月
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。