上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20060204144212
忙しい時間が続きましたが、祖父が煙になって天に昇っていくのを待つ間ようやく時間が出来ました。

落ちついて綺麗な斎場を眺めるにつけ どんな立派な葬式を挙げることができた人でも、そうでなかった人でも「死ぬ」と言う単純事実の前では平等なんだな と思いました。

斎場の庭には小雪が舞っていました
スポンサーサイト

【2006/02/04 14:42】 | 人生いろいろ
トラックバック(0) |


makoyan
なんかひんやりと寒いところに来てしまいましたよ。昔、私もスキーやってた。その頃には、きっと一生続けるのかなと、思っていましたが、いつのまにか遠のき、今では寒いから出かけなくなりました。人間の気持ちって変わるものなのですね。それでも、時は変わらず刻み続けられていくんですよね。
じーんと、心にしみる一説でした。

で、右上の猫ちやん、奇妙な格好してますね


押小路なるみ
>makoyan様

コメントありがとうございます。

プロフィール画像は「ちび・シャー日記様」様からいただいたものです。(ありがとうございます)
リンクを張らせて頂いておりまして、訪れますと素敵な写真をたくさん載せたペットブログとなっております。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
なんかひんやりと寒いところに来てしまいましたよ。昔、私もスキーやってた。その頃には、きっと一生続けるのかなと、思っていましたが、いつのまにか遠のき、今では寒いから出かけなくなりました。人間の気持ちって変わるものなのですね。それでも、時は変わらず刻み続けられていくんですよね。
じーんと、心にしみる一説でした。

で、右上の猫ちやん、奇妙な格好してますね
2006/02/05(Sun) 15:12 | URL  | makoyan #-[ 編集]
>makoyan様

コメントありがとうございます。

プロフィール画像は「ちび・シャー日記様」様からいただいたものです。(ありがとうございます)
リンクを張らせて頂いておりまして、訪れますと素敵な写真をたくさん載せたペットブログとなっております。
2006/02/05(Sun) 17:45 | URL  | 押小路なるみ #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。