上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今頃 読破(クリア?)しましたよ。。。おそっ!

感想はいつものように文字色反転いたします。ドラッグして読んでださい。

今回のシナリオ 沙都子救出のあたりの行政との交渉のくだりはおもしろかったです。
行政の姿勢としてはかなり現実的であったと思うのですが、それに対する主人公キャラのアクションが 現実にはありえないだろう なと思うのですが 現実にはありえない情景が展開されるのがまたおもしろいという 感じ。

でも、シナリオ消化速度はこれまでになく遅かったです。ちょっと その原因というは思い当たらないのですが・・・

今回は 重要な新キャラ 新要素が かなり登場しましたが、私はそれらにはとってつけた感は感じませんでした。でも、そういうモノの存在をこれまでのシナリオを鑑賞する中で 私は想像する事すらできなくて 自分自身の想像力の貧弱さなどに まことに打ちのめされるわけです。今まで幾つか拝読したアンソロジーの中にはこのシナリオにかなり迫っているものありました。すごいな~ 感心するばかりです。


でも、このシナリオでは「謎を全て明かして」とありましたが、しかしそれでも つじつまがいまいち合わないことから発生する謎が私には残りました。

ダムに関して 反対運動が実ったのは 同盟のおかげだけではなく「東京」の意思が働いたと推測されるのだが、それなら なぜそもそもダム建設計画なんてものが動いてしまったのか?
ダム建設作業場長殺害から始まる毎年の「祟り」 これの発生理由がいまいち謎 なぜ北条家・古手家に干渉することが発生したのか?

それらは 次のシナリオで また別の解釈が展開される中で明らかにされると期待しています。


ん?それとも私の読解力不足?やさしい人教えてください。 
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:PCゲー - ジャンル:ゲーム

【2006/03/22 18:00】 | ゲーム
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。